« あけましておめでとうございます | メイン | 金属アレルギー »

確実な言葉を持つ薬剤師になる。

僕らの意思としてのもっとも確実な言葉を書いてみようと思うのである。まず第一にこれだけは告げたいという言葉が思い浮かぶとしても僕はそれに対して、なにもまだ決定てきてなことは言えないのだと思うのである。それが僕らの人生におけるもっとも適当な言葉だとしてもだ。僕が薬剤師として、患者に問いかけることができなくても、その決定的な言葉がでなくても、僕らの人生における真摯な問いかけに対しては、なにも適切な回答がないということを僕は白状しなければならないのでだとも思うのである。そうやってすべてのことの原因は結局、誠がないということになるとすれば、そのことに関するもっとも適当なnことというものは、そこにあるのだとも思うのである。そうやってそのことに関しての僕らの人生観が続く限りにおいて、僕らの価値観が変動するかしないかは関係がないとしても、僕らの人生は結局そのことになると思うのである。僕らの人生はきっとそこに問題があるように感じるのは、きっと間違いのないようなことになるとも思うのである。そうやって僕はそれにたいして価値を見出しているのである。僕らの人生の秘技はきっとそんなところにあるのではないかとも思ってしまうのである。

<PR>神奈川県内で薬剤師が医薬品卸会社で働くには?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.china-xinming.com/mt3/mt-tb.cgi/43

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年01月24日 12:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あけましておめでとうございます」です。

次の投稿は「金属アレルギー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38